食べても太らない!?ゼニカルでダイエット

食事制限や筋トレなど、苦しくて辛い続かないダイエットはもう卒業。摂った油や糖質をなかったことにしてくれるダイエット薬「ゼニカル」で、もっと楽しく簡単にダイエット!

ゼニカルはダイエット薬

ゼニカルってどんな薬?

・ゼニカルとは?
ゼニカル(XENICAL)とは、食べても太らないダイエットが可能になる肥満治療薬で、スイスの製薬会社ロシュ社により製造販売されている薬です。ダイエット薬の中には効果のあるかどうかもわからない怪しい薬も存在しますが、ゼニカルはアメリカの厚生労働省で認可された信頼性の高いダイエット薬です。
ダイエット以外にも、高血圧や高脂血症、高血糖値などの症状改善にも効果が期待されています。

・食べても太らない仕組み
ゼニカルには、オルリスタット(Orlistat)という有効成分が含まれており、これが食事の際に摂取した脂肪分を身体に吸収するのを食い止めてくれます。オルリスタットは、リパーゼと呼ばれる人間の消化酵素の一つに働きかけて、その働きを阻止します。すると脂肪は体内に吸収されにくくなり、約30%の脂肪を消化せずにそのまま便として排出させる効果があります。
脂肪は、炭水化物やタンパク質よりも遥かにカロリーが大きいのはよく知られた事実です。1gあたりのカロリーは、炭水化物とタンパク質が4Calであるのに対し、脂肪は9Calもあります。この脂肪の吸収を阻害することで、体型維持に努めている人や体重管理の必要な病気を患っている人の減量などに効果があります。重度肥満であったり、長期治療が必要な場合にも高い効果を発揮します。
また、他の肥満治療薬のように食欲を抑制する事がありません。食事制限も行わないので、日々の食事を美味しく食べながら減量効果が期待できます。そのため、健康的な生活を営みながら肥満解消に取り組みたい人におすすめの薬です。

・使用方法
使用方法は、成人はカプセル状の薬を1錠を1日3回服用します。時間は食中か食後1時間以内が最適です。しかし薬は欧米型の食事に合わせた使用方法で作られているため、日本食の場合などの脂肪分の少ない食事内容の時は、服用を中止しても問題ありません。

・注意点
ゼニカルを服用する際にも注意点があります。副作用として、脂肪の吸収を阻害する時にビタミンAやビタミンD、βカロチンなどの脂溶性ビタミンの吸収も阻んでしまいますので、これらのビタミンが不足しないようにサプリメントなどのビタミン補助剤で栄養を補う必要があります。
また、便には吸収を阻害された未吸収の脂肪分が含まれます。脂肪分が多いと便が柔らかくなり、下痢をした時と同じような状態になる場合があります。下着や便器が汚れる可能性があるため、十分に注意して下さい。